EAFF E-1 サッカー選手権初戦が9日に行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表に1-0で勝利した。フル出場したMF今野泰幸が試合を振り返った。

久しぶりの代表招集ながら、ボランチでフル出場を果たした今野。好守で頻繁に顔を出し、ピンチでは間際で体を張ったプレーを見せた。「チームは急造ですし、結構危ない場面もありましたし、負けてもおかしくないゲームだった」としながらも、「急造にしては勝った。修正しなければいけないところはたくさんあるかもしれないけど、勝てたので良かった」と大きな一勝に安堵の表情を浮かべた。

後半アディショナルタイム、川又堅碁のクロスを今野が頭で落として最後はチームメイトの井手口陽介が強烈なミドルシュートを叩き込んだ。

「(頭で)しっかり落とそうと思って。陽介がシュート力あるのは分かっていたし。丁寧に落とせば決めてくれると思っていました」と、信頼する井手口とのホットラインからゴールできたものと説明した。

「Jリーグでやっている選手の意地というか、それをメンバーが示しているし、勝たなくちゃいけない相手だということは感じていたので」と、勝利だけを求めていたと語る今野。

「危ない場面もあったし、負けてもおかしくないゲームでしたけど、意地は見せられた」と、日本開催で迎えた東アジアの頂点を決める今大会の初戦で、しっかり勝利を収められたことに胸を張っていた。