ワールドカップ前最後となる欧州遠征中の日本代表。リエージュでマリ代表との親善試合を行った。

30歳の誕生日に代表デビューしたDF宇賀神友弥の痛恨のPK献上、そして同じく代表デビューだった中島翔哉の劇的な同点ゴールを映像で見てみる。

敗戦濃厚だった後半アディショナルタイムに三竿健斗からのボールを押し込んだ中島。デビュー戦即ゴールは“持ってる”証と言えそうだ。

この後、日本代表は27日(火曜)に同じスタッド・モーリス・デュフランでウクライナと戦う。

AFCチャンピオンズリーグ第2戦が25日に行われ、浦和レッズがアル・ヒラル(サウジアラビア)を1-0で下し、2試合合計2-1として10年ぶりの優勝を飾った。

この結果、浦和は12月6日からUAE(アラブ首長国連邦)で開幕するFIFAクラブワールドカップにアジア王者として出場することが決定。しかし、同時期に日本でEAFF E-1サッカー選手権(E-1)が開催され、日本代表が参加する。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「国内組を試す良い機会」と断言していたが、浦和のクラブW杯参戦によって、西川周作や槙野智章、遠藤航、長澤和輝、興梠慎三といった11月の欧州遠征で招集された浦和所属のメンバー抜きで臨むことになる。本来ならば招集予定だった浦和所属のメンバーを欠くことになれば、他のクラブの選手にとってはまたとないチャンスとなる。さらに、これまで招集されていなかったニューフェイスの誕生も期待できる。

ACL決勝第2戦の試合後、槙野がハリルとの秘話を明かしている。「前回の代表合宿が終わるときに、ハリル監督から『東アジア(E-1)には出るな』と言われて(笑)。出るなというのは、しっかりACLに勝って、クラブW杯に行ってほしいということだった」。25日のACL決勝第2戦にも姿を現したハリルホジッチ監督は、当初から浦和勢を加味しないメンバー選考を考慮していたようだ。さらに、セレッソ大阪の山口蛍が24日の練習中に負傷し、全治3週間の診断を受けた。ロシアW杯アジア最終予選のイラク戦で決勝点を挙げるなど、代表の主軸になりつつあった山口の離脱も、他のメンバーにとっては大きなチャンスとなりそうだ。

日本代表は9日に北朝鮮代表と初戦で激突。12日には中国代表と、16日には韓国代表と対戦する。注目のメンバー発表は29日を予定している。

一方、ACLを制した浦和は、9日にクラブW杯準々決勝から参戦。開催国王者のアルジャジーラとオセアニア王者のオークランド・シティの勝者と対戦。準々決勝を勝利すれば、ベスト4でヨーロッパ王者のレアル・マドリーと対戦する。

EAFF E-1 サッカー選手権初戦が9日に行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表に1-0で勝利した。フル出場したMF今野泰幸が試合を振り返った。

久しぶりの代表招集ながら、ボランチでフル出場を果たした今野。好守で頻繁に顔を出し、ピンチでは間際で体を張ったプレーを見せた。「チームは急造ですし、結構危ない場面もありましたし、負けてもおかしくないゲームだった」としながらも、「急造にしては勝った。修正しなければいけないところはたくさんあるかもしれないけど、勝てたので良かった」と大きな一勝に安堵の表情を浮かべた。

後半アディショナルタイム、川又堅碁のクロスを今野が頭で落として最後はチームメイトの井手口陽介が強烈なミドルシュートを叩き込んだ。

「(頭で)しっかり落とそうと思って。陽介がシュート力あるのは分かっていたし。丁寧に落とせば決めてくれると思っていました」と、信頼する井手口とのホットラインからゴールできたものと説明した。

「Jリーグでやっている選手の意地というか、それをメンバーが示しているし、勝たなくちゃいけない相手だということは感じていたので」と、勝利だけを求めていたと語る今野。

「危ない場面もあったし、負けてもおかしくないゲームでしたけど、意地は見せられた」と、日本開催で迎えた東アジアの頂点を決める今大会の初戦で、しっかり勝利を収められたことに胸を張っていた。

U-21日本代表、パラグアイ遠征スタート~スポーツ・フォー・トゥモロー(SFT)プログラム 南米・日本U-21サッカー交流

U-21日本代表は19日(月)、パラグアイ遠征を行うため日本を出発しました。パリ、サンパウロを経由し約36時間もの移動時間をかけて、現地時間20日(火)の午後2時にパラグアイ/アスンシオンに到着しました。到着早々、夕方6時からトレーニングを開始。選手たちの多くは週末に行われた公式戦に出場してすぐ移動したため、ランニングやストレッチでまずは疲労を除去し、翌日からの試合に向けてボールを使ったトレーニングも行い、約75分間汗を流しました。

今回の遠征は、外務省が支援するスポーツ・フォー・トゥモロー(SFT)プログラム 南米・日本U-21サッカー交流の一環として、3試合の国際親善試合が組まれています。3月21日(水)に第1戦・U-21チリ代表、23日(金)に昨年のFIFA U-20ワールドカップでも対戦したU-21ベネズエラ代表と第2戦を、そして最終戦はホスト国のU-21パラグアイ代表との一戦と、南米大陸の強豪国との強化試合が続きます。試合前日に行われた歓迎レセプションパーティーでは各国の団長が集まり、それぞれの育成年代における強化策について会話をする場面もありました。

夕食前には、試合時に大型ビジョンで映す選手紹介用の写真撮影も行われました。日本代表活動が初めてとなる選手も多いため、森保監督にとっては新しい選手の発見が、またU-21日本代表にとっては強豪国相手にどれだけ力を発揮できるかが試される3試合となります。

選手コメント

MF #14 伊藤達哉 選手 (ハンブルガーSV/ドイツ)
日本代表のユニフォームに袖を通すのなら、全員が100%の気持ちで闘うことが絶対条件であると思っています。相手も南米の強豪ということで簡単な試合はないと思いますが、全員で結果にもこだわり、この遠征を通じて成長していきたいです。

GK #23 山口瑠伊 選手(エストレマドゥーラUD/スペイン)
明日のチリ戦に向けて、チームがベストのパフォーマンスを出せるように今日の練習でコンディションを整えました。今回は初戦までのトレーニング回数が少ないですが、ピッチの上でコミュニケーションをたくさん取りながら高い集中力を持ったゲームをし、結果を残せるように戦います。

DF #21  椎橋慧也 選手(ベガルタ仙台)
U-21日本代表に初めて招集してもらえたことを嬉しく思っています。自分のプレーの特徴を出し、世界レベルを肌で感じられればと思います。南米の強豪国との対戦はとても楽しみですし、勝負にこだわってプレーしたいです。

ハリルホジッチがワールドカップの見通しを語る。

「ワールドカップでは誰もプレゼントをくれない」

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が強い口調でワールドカップ本大会の厳しさを語る。15日、日本代表のメンバー発表会見でのことだ。

日本代表は23日にはマリ、27日にはウクライナと対戦する。メンバー発表の記者会見で西野朗技術委員長が説明した通り、それぞれ仮想セネガル、仮想ポーランドとなる。言うまでもなく、ロシア・ワールドカップで大きな成功をつかむため、18日からベルギーへと向かう。

ハリルホジッチはグループリーグで同居するセネガル、ポーランド、コロンビアの名前を挙げ、「自分たちより格上」と認めつつ、「常に下馬評通りの戦いとはならない」と語気を強める。

「下馬評では日本より強い3チームと言われています。そんなこと言って皮肉と言われるが、野心と勇敢さを持って臨まなければなりません。本大会は色んなことが起きます。下馬評通りにはいかないし、前もって強いと言われたチームが1位2位で終わるかはわかりません。しかし、相手がチャンスをプレゼントしてくれるわけではありません。自分たちで取りに行かなければなりません。このチームに勝つ文化を与えてきた。W杯は高い要求がありますが、それに応えれば結果は出ます」

フレンドリーマッチとなる今回の2試合でも強い気持ちで臨むと明言したハリルホジッチ。選手たちの状態の見極めや結果、戦術の確認など、少なくないタスクを持ってベルギーへと渡る。

目次

  • 1 本田にゴール前で仕事をできるようにした
  • 2 香川にはリンクマンとしての役割を与えた
  • 3 ハリルジャパンが抱える問題点
  • 4 ザックとハリルの戦術に違いが出るのはこれから
  • 5 ハリルホジッチJapan

本田にゴール前で仕事をできるようにした

2人の”10番”を並び立たせようとしたザッケローニに対して、ハリルホジッチは2人に異なるタスクを与えました。ハリルホジッチの基本システムは4-3-3。このシステムで本田は3トップの右サイド、香川は左のインサイドハーフとして起用されています。

ザックジャバンでは、香川と本田に求められたのは典型的な”10番”の仕事でした。アタッキングサードでボールを持ってからのラストパス、ドリブル、そしてシユー卜です。だが、ハリルジャパンではそうではない。トツブ下・本田は、”バスを出す側”でしたが、ウィング・本田は”パスを受ける側”にもなります。

ハリルホジッチ 現役日本代表監督
縦に速いサッカーを標榜するハリルホジッチ監督。日本をロシアW杯での躍進に導けるか。

本田は決してスビードがある選手ではないが、自分をマークするディフェンス と駆け引きをしながら、タイミングの良い飛び出しから、ゴ—ルを狙うようになりました。

2014-15シ—ズンの本田は所属クラブのミランでも、ウィングとして起用されることが増えていました。ミランで目立っていたのが、ディフェンスラインの背後に飛び出して、GKと1の1対1に持ち込む形です。正確なシュー卜と、ゴール前での落ち着き。本田の決定力は日本人選手の中では頭1つ抜けています。

だからこそ、本田がパスを出すだけでなく、ゴール前で仕事をできるようにしたハリルホジッチの起用法は、理にかなっています。

香川にはリンクマンとしての役割を与えた

香川の新ポジションであるインサイドハーフの役割は”リンクマン”です。

ビルドアップの場面では、低めの位置でパスを受けて、シンプルにパスをつなぎ、チーム全体を押し上げていきます。

日本代表選手長谷部誠
ザッケローニ、アギーレ、ハリルホジッチと、すべての監督の元でキャプテンを任されている長谷部

バルセロナのイニエスタやラキティッチをイメージするとわかりやすい。アタッキングサードでの決定的な仕事が求められたザックジャパンのときとは違い、1列下がったところからゲームを組み立てていく仕事がメインになっていました。

香川は狭い場所でもターンする技術があり、密集地帯でもボールを失わない。香川が中盤でポールに触ることによって、チーム全体にリズムが生まれるのです。香川もドル卜ムン卜でインサイドハーフとしてブレイしています。

オバメヤン、ロイス、ムヒタリアンといったスピードのある3トップを活かす、いわば黒子的な役割をクラブでもするようになりました。トツプ下にこだわっていた香川だったが、インサイドハーフの面白さにも目覚えているといいます。

ハリルジャパンが抱える問題点

日本代表選手吉田麻也
CB吉田は、DFリーダーとしてラインコントロールを担う。攻撃的なサッカーをする上で、守備の安定感は必要不可欠だ。

もちろん、すべてが良いことばかりではない。本田はFW起用によって、スプリントする回数が増えて、後半になると足が止まる試合が目立つようになっていました。ハリルホジッチは就任以降、縦への意識を強調してきました。そのため早いタイミングでディフェンスラインの裏に蹴り込むことが増えました。

1発でチャンスになることもあるが、本田がまだディフェンスにマークされている状態でパスが出てきたり、精度の低いロングボールを追いかけたりすることも少なくない。無駄な走りが多くなるし、必然的にスタイナの消耗は早くなります。

疲れた状態でプレイしていれば、プレイのクオリティは下がります。決定的なシュートをミスすることや、ゴール前での落ち着きが失われてしまいます。つまり、本田が本田でなくなってしまうのです。

日本代表選手武藤嘉紀
武藤は直線的にゴールに向かっていくプレイが持ち味。ブンデスリーガのマインツでは、1年目からコンスタントに得点を挙げている

縦に早く攻めようとして一本調子になるのは、チームとして解決していかなければならない問題です。今は裏を狙うの化、それともパスをつなぐの化、メリハリを付けることが重要になります。

香川にも、単なるリング万に留まらないプレイが求められます。中盤で正確にパスをさばきながらも、ここぞというタイミングではゴール前に上がっていき、フィニッシュに絡みます。香川が香川であること。それが、チームにプラスになるのは間違いない。

ザックとハリルの戦術に違いが出るのはこれから

ザッケローニとハリルホジッチ。両者の哲学に違いがあるのは間違いない。だが、ここまではそれほど大きな差はビッチ上ではみられていない。

なぜなら、ハリルジャパンはまだ世界の強豪と戦っていないからです。

アジアの相手と戦うときの日本は、基本的には”強者”になります。ほとんどの国 は日本に対して引いて守ってくるので、相手陣内でプレイする時間が長くなります。自分たちがボールを持っているときにカウンターはできないので、必然的にポゼッションサッカーになります。

日本代表選手柏木陽介
ゲームメーカの柏木は、縦に速くしようとするあまり、一本調子になりがちなチームにアクセントを付ける貴重な存在だ

ザツケローニは相手が強くなっても、自分たちのサッカーを貫こうとしました。

最終ラインからしっかりとパスをつないで、細かいコンビネーションを活かしてフィニッシュに持ち込みます。相手の良さを消すのではなく、自分たちの良さを出そうとしました。

ハリルホジッチが強豪相手にどんなサッカーをするのか、今のところは未知数です。だが、ブラジルW杯では、試合ごとにシステムを変えて、相手の良さを封じ、ダークホース的な立場の国だったアルジェリアをベスト16に導いました。相手の良さを消して、勝つことに徹底的にこだわる可能性は高い。

ヒントを探すとすれば、2015年9月に行われた東アジアカップの韓国戦です。日本は初宣で北朝鮮に逆転負けを喫して、優勝のためには絶対に落とせない試合となっていました。

すると、ハリルホジッチは前線からのプレッシングではなく、ハーフラインまで引いてブロックを作るという戦い方にぶっつけ本番だったので、結果的には上手くいかなかった、ハリルホジッチの考え方が垣間見えた試合だったと言えるだろう。

W杯予選を勝ち抜き、W杯本番で結果を出します。そのために「奇術師」の異名を持つ指揮官は、どんあことをやって来るのか。強豪国と対峙したとき、ハリルホジッチの本当の意味での手腕が問われることになります。

ハリルホジッチJapan

2018年ロシアW杯アジア予選基本システム
2018年ロシアW杯アジア予選基本システム

主力メンバーはザックジャパン時代から大きく変わっていない。基本システムが4-3-3になったことで、香川が左サイドからインサイドハーフ、本田がトップ下から右ウィングとしてプレイするようになっています。

騎士サッカーショップは業界最大サッカーユニフォームの専門店で、2018ロシアW杯日本代表選手、歴代日本代表 ユニフォーム情報をまとめ!毎日、話題の最新ユニフォーム登場・新作即続入荷中。

ロシアで開催されるFIFAワールドカップ開幕まで100日を切った。そんななか、『Daily Mail』が気になる情報を伝えている。

それによれば、日本が今夏のワールドカップ参加をボイコットする可能性があるという。

その理由は開催国ロシアとイギリスとの関係悪化によるものとされている。

英国では先日、亡命したロシアの元スパイが何らかの薬物の影響によって重体に陥るという事件が起きた。英国政府はウラジーミル・プーチン大統領らロシア政府の関与を疑っており、それが明らかになった場合にはイングランド代表がワールドカップをボイコットすることも示唆している。

国防関係筋は「ワールドカップのボイコットは間違いなくありうるオプションのひとつ」と述べているそうで、他国にも賛同を求めるかもしれないとのこと。

そして、その動きに日本、ポーランド、オーストラリアも続く可能性があるとされている。

日本代表とポーランド代表は奇しくも同じグループH。政治的な問題により、ボイコットなどということはあり得るのだろうか…。

騎士サッカーショップは定期的にサッカーユニフォームを掲載しながら激安のsports用品を提供しています、是非ご来店ください

こんにちは。いつもブログを読んでいただき

ありがとうございます。

今週の紹介アイテムはリヴァプール ユニフォーム(2014-15)です。

2013-14シーズン、悲願の「プレミアリーグ」初制覇を惜しくも逃したリヴァプール。

今季こそはという気持ちでマーケットにも臨んでいるようで、ここまでイングランド代表のリッキー・ランバートとアダム・ララーナ、レヴァークーゼンからは20歳のドイツU-21代表ボランチ、エムレ・ジャンを獲得。さらに、ブラジルW杯でブレイクした19歳のベルギー代表FW、ディヴォック・オリギの加入なども迫っていると伝えられている。

liverpool-2014-15-warrior-third

Liverpool 2014-15 Warrior Third

リヴァプールは7日、 ホーム、アウェイに続く、2014-15シーズンの新しいサードユニフォームを発表。

黒とグレーをベースに、一部を赤と黒へ切り替えたユニークなボーダー柄を採用した。

liverpool-2014-15-warrior-third

ポロネックとの大胆な組み合わせで“赤”を強調するあたり、Warriorらしいデザインと言える。

liverpool-2014-15-warrior-third

リヴァプール ユニフォームの関連商品なら、弊社へどうぞ。sports-instyleは定期的にサッカーユニフォームを掲載しながら激安のsports用品を提供しています、是非ご来店ください

こんにちは。いつもブログを読んでいただき

ありがとうございます。

今週の紹介アイテムはポルトガル代表 ユニフォーム(2015-16)です。

ポルトガル代表はプレーオフを経て出場したブラジルW杯において、無念のグループステージ敗退。世界No.1プレーヤー、クリスティアーノ・ロナウドを擁するチームは、ここ5大会でいずれもベスト8以上と相性の良いEUROでの巻き返しを目指す。

portugal-2015-16-nike-away

そのポルトガル代表が新しいアウェイユニフォームを発表。 W杯モデルは白をベースにしたデザインだったが、ニューモデルでは黒が復活した。

portugal-2015-16-nike-away

Portugal 2015-16 Nike Away

正面にはチームの特徴であるテンポの速いフットボールから、国旗にインスピレーションを得たエレクトリックグリーンと鮮やかな赤の閃光のグラフィック。黒いキャンバスに絵の具で描かれたようにデザインされており、赤は向かって右から、緑は左からと、2つのカラーはそれぞれ別方向へと動いている。

オール黒のシンプルなコーディネートがまた胸のグラフィックを際立たせる。

ポルトガルは今週末の29日、EURO2016予選でセルビアと対戦。さらに2日後には親善試合のカーボヴェルデ戦を、いずれもホームで行う。

ポルトガル代表 ユニフォームの関連商品なら、弊社へどうぞ。sports-instyleは定期的にサッカーユニフォームを掲載しながら激安のsports用品を提供しています、是非ご来店ください

こんにちは。いつもブログを読んでいただき

ありがとうございます。

今週の紹介アイテムは日本代表 新ユニフォーム(なでしことフットサル)です。

12日、日本代表は待望の新ユニフォームを発表。11人の選手の個性を表現したデザインが話題となっている。

1人じゃ歴史は変えられない。
#BETHEDIFERENCE

みんな同じ攻撃スタイル。
みんな同じ守備スタイル。
それを私たちはチームワークとは呼ばない。
11通りの攻め。11通りの守り。11通りの発想。
恐ろしく個性的な11人が揃いながら、
それでも1つの目的のために1つになる。
チームは決して単色ではない。
選手の数だけのブルーがある。
すべての個性がひとつとなるとき、
日本が新たな時代を築きあげる。

adidas公式サイト「サッカー日本代表 新ユニフォーム発表」より

新ユニフォームは本日行われるシンガポール戦から、ロシアワールドカップのアジア予選を通して使用される。

また、来年開催されるビッグイベントといえば、リオデジャネイロ五輪。日本はまだ男女ともに本大会出場を決めていないが、特に前回のロンドン五輪、そして今年の女子ワールドカップでいずれもアメリカに決勝で敗れた女子にとっては大事な大会となるだろう。

その目標に向けてまずは予選突破を目指すなでしこジャパンの新ユニフォームがこちら。

Women’s Japan 2016 adidas Home

womens-japan-2015-16-adidas-home-kit

女子代表は男子と別のデザインを採用することも増えている昨今だが、日本はこれまで通りベースとなるデザインは同じ。

Women’s Japan 2016 adidas Away

womens-japan-2015-16-adidas-away-kit

引き続き男子で赤の箇所が女子ではピンクとなっているほか、エンブレムの上にワールドカップ優勝を表す星が一つ輝いている。

日本代表 ユニフォームの関連商品なら、弊社へどうぞ。騎士サッカーショップは定期的にサッカーユニフォームを掲載しながら激安のsports用品を提供しています、是非ご来店ください